胃が痛い 症状 原因 対処方法

胃が痛い!その症状と原因、対処方法について

 あなたには、『胃が痛〜い』という経験はありませんか?
 何故か突然、胃がキリキリ痛むとか、胃のあたりが漫然と痛い感じがするといったことはよくあることではないでしょうか。
 『まさか、胃がんでは?』なんて心配になることもありますよね。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、胃痛に関する様々な症状とその原因や対処方法などについてわかりやすくご紹介していきます。

 

胃痛って?

 一般的に、みぞおちの近辺が痛むのが胃痛となります。
 胃酸が過剰に分泌されて胃の粘膜が損傷して発症する場合や、粘膜に潰瘍ができて発症する場合などがあります。

 

胃痛の原因は?

自律神経の乱れ

 精神的なストレスなどによって自律神経が乱れると、胃酸が過剰に分泌されるようになります。
 それによって胃の粘膜に炎症を起こし、胃痛を発症するようになります。

 

食べ過ぎや飲み過ぎ

 いわゆる暴飲暴食やお酒の飲み過ぎによって胃痛が発症することがあります。

 

ピロリ菌

 ピロリ菌が、胃の中に棲息していることがあります。
 胃の中は胃酸によって強酸性になっていますが、ピロリ菌はアルカリ性のアンモニアを生成することで胃酸から自分自身を守っています。
 そのアンモニアが胃の粘膜を傷つけて、胃痛が発症することがあります。

 

胃痛を伴う主な病気は?

 病気や疾患によって胃痛を引き起こすことがあり、その代表的なものを挙げます。

急性胃炎

 食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレスやウイルス感染などで、胃の粘膜がただれ、急な胃痛を発症することがあります。

 

慢性胃炎

 慢性胃炎は、胃の炎症が続いている状態で、主にピロリ菌やストレスなどで発症するとされています。
 慢性的に胃もたれや胃痛、吐き気などの症状が続き、進行すると胃潰瘍になることもあります。 

 

胃潰瘍

 胃潰瘍は、胃の粘膜がピロリ菌やストレスなどで傷つけられ、胃酸や消化酵素で消化されることで発症します。
 胃潰瘍では、潰瘍が食べ物で刺激されるので、食事中や食後に痛むことが多くみられます。

 

スポンサーリンク

 

胃痛の対処方法は?

しばらくは食事をやめましょう

 胃が痛い時には、食事は控えるようにします。
 1日程度は多少の水分補給をするくらいにしておきます。
 翌日以降もスープなどの流動食にし、徐々におかゆや消化のよい食事にしていくようにします。

 

薬を服用しましょう

 手頃に入手できる市販の胃腸薬を服用します。

 

医師の診察を受けましょう

 絶食や市販薬でも改善されないようであれば、病院で診察を受けることをお勧めします。
 特に長期間続く場合や激しく痛む場合には、重大な病気に罹っているかもしれません。

 

胃痛の予防方法は?

規則正しい食生活をおくる
 

 夜食等の不規則な食事は控えます。
 また、栄養バランスのよい食事をするようにします。
 お酒やタバコを控えることも大事なことになります。

 

自律神経を整える

 規則正しい食生活に加えて、充分な睡眠と適度な運動をすることで自律神経のバランスがよくなります。
 これによってストレスに対しての抵抗力が強くなってきます。

 

ピロリ菌検査を受ける

 ピロリ菌による胃痛を予防するには、病院で検査を受けてピロリ菌の有無を調べる必要があります。
 陽性の場合には、病院で処方される薬で除菌します。
 これによって、慢性胃炎や胃潰瘍等を予防することができるようになります。

 

 次はこちらの記事です。
 胃が痛い!吐き気もする!何科の病院へ行くのがいい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。